第11回大会

2018121日(日) 開催

あつま国際雪上3本引き大会

「3本引き」とは、北海道厚真町発祥のウィンタースポーツ。滑りやすい雪の上で行う綱引きです。選手たちはスタートの合図で3本の綱をめがけて走り出し、そのうち2本の綱を自チームのゴールラインに引き込めば勝ち。

選手は1試合各チーム8人。どの綱に人数を多く配置して勝ちに行くか、あるいはどの綱を捨てるかを、相手の配置を見ながら瞬時に判断して引かなければなりません。ルールはシンプルながらも、体と頭を使う競技です。